自分だけのオーダーカーテン

あなただけのカーテンで日々に彩を…



 

部屋に合わせて選ぶ

リビングやダイニングと、寝室、そしてバスやトイレまわりでは、当然窓まわりの装飾
方法も変わってきます。一般的に人が集まるリビングは明るい雰囲気に、寝室は
落ち着いた雰囲気にすると良いといわれています。また機能的に遮光性が求められ
る場合もありますし、キッチンやバスではメンテナンス性も重要な要素になります。


リビング・ダイニング
ライン

 
  昼間の採光、夜の遮光性を考えて選ぶ必要が
あります。また、接客を考えて装飾性を重視し
ます。クッションカバーや窓周辺の小物など、部
屋全体の統一感を考えましょう。

出入りが頻繁な掃き出し窓には、ドレーパリーや
パネルスクリーンなどの水平方向に開閉するもの
がおすすめです。出窓などには、スタイルカーテン
などがおすすめです。



キッチン・ダイニングキッチン
ライン

 
キッチンの場合は、特にメンテナンス性を重視
することをおすすめします。簡単に洗える素材
のものを選びましょう。

カフェカーテンやレースのスタイルカーテンが
おすすめです。メンテナンス性を考えると、
防汚加工やブラインドではフッ素コートなどが
おすすめです。また、窓とコンロが近い場合は、
防炎加工がされているものを選びましょう。



ベッドルーム

ライン

 
  ゆったりとした時間を過ごすためにも、落ち着いた
トーンのデザインや、素材を選ぶべきです。遮光性
が特に大切ですが、遮るだけでなく、朝の明るい
光を取り込むレースカーテンと二重にして
おきましょう。

厚手のカーテンは遮光性の高い素材がおすすめ
です。暗い部屋でないと眠れない人は、さらに裏地
をつけることをおすすめします。レースのカーテンや
シェードとの組み合わせも素敵です。




書斎

ライン

 
自分だけの部屋は、思いっきり自分好みに演出
しましょう。モダンな感じがお好きであれば、徹底
するのが良いです。エスニックやエレガンスな
雰囲気にまとめるのも悪くありません。

どんなものでもおすすめですが、思い切った選択
が可能ですので、たとえばウッドブラインドでモダン
な感じにするとか、ローマンシェードでゴージャスな
雰囲気にまとめるなどもおすすめです。




子供部屋

ライン

 

小さいお子さんの場合、例えば月や星、雲の模様
など、楽しい色柄のものを選びましょう。ある程度
年齢が高い場合は、鮮やかな色合いで活発な
感じに仕上げるのもおすすめです。

子どもの年齢にもよりますが、楽しいプリント柄の
シェードやウッドブラインドなどもおすすめです。
操作が簡便なので、小さいお子さんの場合は
ロールスクリーンも扱いやすいです。



和室

ライン

 

基本的にカーテンレールが設置されていないので、
取り付けが簡単なものを選びましょう。

和室を素敵に演出するには、プリーツスクリーンや
ロールスクリーンがおすすめです。


 


バスルーム

ライン

 

目隠しができ、湿度に強いものを選びましょう。

多湿なバスルームには専用のブラインドや
手入れが楽なロールスクリーンがおすすめです。

 

pickup

ゴム風船

 

 

 



Copyright (C) 2008 自分だけのオーダーカーテン  All Rights Reserved