自分だけのオーダーカーテン

あなただけのカーテンで日々に彩を…



 

 

カーテンの縫製スタイル

カーテンというのは、生地だけ選べばそれで終わりというものではありません。
窓に吊って初めて商品としての価値が生まれてきます。選んだ生地
を活かすも殺すもスタイル次第!吊り方、飾り方というのが非常に重要なポイント
となります。
下記に数種類のカーテンスタイルを紹介しますが、これは代表的な一例です。
メーカーごと、お店ごとに新しいスタイルがどんどん提案されていますので
アドバイザーの方に相談し納得いくものを選んで下さい。

 

2倍ヒダタイプ
ライン
  


オーダーカーテンの最も一般的なスタイルです。
ドレープ性が非常に高く大変豪華に仕上がり
ます。2倍ヒダというのは、例えばカーテンを
1メートルに仕上げる場合、2メートルの生地を
使用するという意味です。カーテンの寸法に
対して2倍の生地を使用するので、ドレープ性
が高くなるというわけです。2倍ヒダのほか、
生地を2.5倍使用する2.5倍ヒダ、3倍使用
する3倍ヒダというものも あります。
カーテンには等間隔にヒダ山というものがありま
すが、2倍ヒダのヒダ山は三ツ山 となります。

 

1.5倍ヒダタイプ
ライン

  


主に既製カーテンで使われるスタイルです。
1.5倍ヒダというのは、カーテンの寸法に対
して1.5倍の生地を使用するという意味です。
ヒダ山は2ツ山となります。
カーテンの価格というのは生地の価格に大きく
左右されますので、最近はオーダーカーテン
でも1.5倍ヒダを採用し、生地の使用量を少な
くすることで価格を抑えようとする動きも見られ
るようになりました。また、当初は価格を抑える
ことを目的に導入された1.5倍ヒダオーダー
カーテンも、シンプル、カジュアルなど生地の
デザインによっては、逆にその生地の持ち味
が引き出されるという効果も認められるように
なっています。

 

フラットタイプ(ヒダなし)
ライン

  


フラットタイプというのは、1枚の生地をヒダ山
をつけないカーテンで、広げると1枚の生地と
なります。1.3倍仕様が一般的で多いです。
(レール長さ×1.3=カーテンを広げた幅寸法)

 

ハトメ 約1.3倍ヒダ
ライン 

 


シンプルなスタイルでアート感覚のデザイン
を引き立てます。

 


ギャザー 約2.5倍ヒダ
ライン

  


ギャザーテープで細かくヒダを取ることにより
立体感を強調したスタイルです。

 

check

船橋市川エリアでおすすめの永代供養墓・納骨堂5選 | 人気のお寺・霊園

 

 



Copyright (C) 2008 自分だけのオーダーカーテン  All Rights Reserved